鳩さん

あたまの中

買うての幸い、売っての幸せ

「買うての幸い、売っての幸せ」 これは、高田郁さんの時代小説 「あきない世傳金と銀」の帯に書かれている言葉です。 (この小説は、とってもおススメ!) これまで、私が「じぶんしごと」として 取り組んできた...
タイトルとURLをコピーしました