「自分なりに頑張っていたら、何か光が見えるということを知ってほしい」

イチロー選手が地元の小学生からの質問に答えた言葉。

 

自分が出来ると思ったことが必ず出来るとは限らない。

だけど、自分が出来ないと思ってしまったら絶対に出来ない。

自分なりに頑張っていたら、何か光が見えるということを知ってほしい。

 

今年5月に選手登録を外れたイチロー選手は

それでもトレーニングを続けているし

現役選手であることにこだわっている。

 

そんなイチロー選手の言葉だからこそ

とっても重みがあると思うんです。

 

自分が出来ないと思ってしまうということは

可能性を自ら断ってしまうこと。

 

頑張っていたら光が見えるというのは

想定外かもしれないけれど

叶えたい夢に近づけるということ。

 

私はそういうふうに解釈しました。

 

小学生に向けた言葉だったけど

大人のほうに響く人が多いと思います。

 

自分なりに頑張る、というところが

頑張るところはそこじゃない、というほうへ

ついついいってしまうので

難しいところではありますが。

 

苦しくて、もがいて

時に全部放り出そうかと思ったり

それでも、じゃあ今できることはなんだと

ひとつひとつ、人の手も借りながら

この1年過ごしてきて

私もようやく光が見えてきた気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました