PTA役員をやるメリット・デメリット

PTA総会と歓送迎会が終わり、ほっとしています。

もう、今年1年の仕事が終わったも同然です。

 

さて、地区役員から数えて今年で5年目になる

小学校の役員の仕事。

その、デメリットとメリットを

自分なりの視点で書いてみます。

 

まず、デメリット、大変だと思うことから。

・お金にならない時間を取られる

特に、次年度の役員決めから総会までは

とっても慌ただしいです。

直前の変更も多数あります。

はっきりいって、疲れます。

家族の協力なくしては、できません。

 

次にメリット、やってよかったと思うこと。

・お金にならないけど、信頼は得られる

お金にはならないけど、「仕事」なので

きちんとやれば、信頼を得られます。

地域に根ざした活動なので、

地域の人に知ってもらうというのは

私のような人見知り傾向が強い人間には

またとない機会だと思います。

 

・地域のことがいろいろとわかる

私のように地域外から嫁いだものから見れば

今住んでいる地域は、とても結びつきが強くて

なかなか、その中に入って行けないのですが

(人見知り傾向が強いもんで・・・)

おのずといろんな情報が入ってくるんです。

バラバラだった情報が、あるとき繋がったりして

いろいろとわかってくるのは、おもしろいです。

 

・地域の知り合いが増える

人見知り(しつこい)なので、

ママ友のひとりも作れないんですが

役員をやることで、話せる人が増えます。

ぼっちは、怖くないんですが

話せる人がいるっていうのは、心強いです。

 

・先生たちといろいろと話せる

校長先生や教頭先生と気軽に話せるのは

役員ならではかな、と思います。

ただ、これは先生によるかもしれません。

 

・子どもたちに知ってもらえる

〇〇くん(さん)のお母さんだ、と

子どもたちのほうがよく知っていて

子どもたちのほうから、我が子の様子を

いろいろと教えてくれます。

これはね、本当にありがたい。

子どもたちは、正直ですからね。

(嘘ついてたらわかる、という意味でも。)

 

嫌々やっても、楽しんでやっても

使う時間は同じ。たいてい1年です。

だったら、嫌々やるほうがもったいない。

「子どもたちのため」だけでなく

おもしろいことや、やってよかったと思えることを

ひとつでも多く見つけてやっていくのが

自分自身のためになりますよ!

 

 

☆お知らせ☆

サイキックリーディング有料モニター

まもなく募集開始予定!

今、あなたに必要なメッセージを

お届けします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました